上部の目次から項目をお選びください。

がん骨転移Q&A



イデアフォーでは2014年4月19日(土)に講演会「がん患者なら知っておきたい!整形外科医による骨転移の話」講師:橋本伸之氏(大阪府立成人病センター整形外科副部長兼リハビリテーション科部長)に開催しました。

講演会はなかなか知ることのできない腫瘍整形外科医の骨転移治療の実際で、とても興味深く貴重なお話でした。本講演後、休憩をはさんで質疑応答のための質問票を参加者にお書きいただきました。これまでの講演会では会場で挙手で質問をしてもらうようなスタイルが多く、当日会場で質問を書いていただくお手間をかける形でどのくらいの質問が集まるのか心配でした。しかし質問票を出していただいたら、その枚数と質問のボリュームに圧倒されました。参加された皆様の熱気と、このネット時代でもそれだけ知られていないテーマなのだと再認識しました。

このたび、イデアフォーは講師の橋本氏と話しあい、講演会に参加された多くの方々の質問とその回答をWEBに公表することといたしました。
*講演会当日は時間が足りなく、講演会終了後に橋本先生に文章で回答いただきました。

がんの骨転移のよる骨折、麻痺には早期対処の重要性の認知がまだまだ進んでいない現状の中です。
この「がん骨転移Q&A」が、多くの方がこれらの知識を深める手助けになることを願っています。

<ご注意>
個別質問をお読みになる前に「腫瘍整形外科医からのメッセージ」「Q&A 骨転移の基本情報」をまずお読みください。回答内容や背景を理解しやすくなります。
参加者からの質問には文章の頭に「Q」と記入しています。
講師の橋本氏の回答は「A」と記入しています。

*2015年8月1日
橋本先生はがんの骨転移について皆様に広く知っていただくためのホームページを開設いたしました。
どうぞ、そちらのサイトもご覧ください。
骨転移Walk Together http://www.walk-together.jp/index.html

Copyright (C) 1998-2017 ideafour All Rights Reserved.