上部の目次から項目をお選びください。

N・SASBC-01臨床試験に対するイデアフォーの活動とマスコミ報道



イデアフォーの活動 活動の報道と広報
1996.08.
14
研究計画書最終改訂作成
1996.10.
14
登録開始
1997.10.
30
国立がんセンター渡辺亨医師よりN・SAS-
BC01のプロト
コル入手。渡辺医師、福田医師他

1997.11.
08
世話人会にて最終的にこの臨床試験の中
止を申し入れ
ることが決まる。

1997.11.
29
朝日新聞記者 出河氏の取材、於イデアフ
ォー事務所

1997.12.
02
渡辺亨医師に質問状をEメールにて送付 
date-04.pdf

1997.12.
05
厚生省医薬安全局長 中西明典氏に、臨
床試験中止
要望書を送付 date-05.pdf

1997.12.
06

『朝日新聞』掲載、「比較臨床
試験は中
止を 乳がんの患者団体 科学
的根拠
ない」 date-11.pdf
1997.12.
11

『朝日新聞』掲載、「術後抗が
ん剤の情
報を求めて」 date-12.pdf
1997.12.
15
国立がんセンター倫理委員会委員長 垣
添忠生氏に
「国立がんセンター倫理審査委員会名簿
送付願い」を
FAXで送る。

1997.12.
19
垣添氏より、出す手紙の内容とイデアフォー
会則を送付
するようにとの電話あり。簡単な内容をお知
らせする手紙
と会則を送付する。

1997.12.
23
国立がんセンター倫理委員長垣添忠生氏
に「N・SAS-
BC01 臨床試験中止のお願い」を送付、
(患者への説
明同意文書の内容が不正確という点に絞
り、「UFTと
CMFの臨床試験の中止のお願い」)
date-07.pdf 

1997.12.
23
N・SAS-BC01について国立がんセンター渡
辺亨医師等
(渡辺医師、勝俣医師、岡村医師、東京
大学大橋教
授、東京大学佐藤氏)とミーティング。説明
文書が用意さ
れ17:00より20:30までつづく。プロトコル参
考文献にある
重要な情報が、患者の同意書に書かれて
いないとの指
摘に対して、渡辺医師は同意文書を改訂
すると明言し
た。  

1997.12.
24

『朝日新聞』掲載、「抗がん剤
比較試験
 患者らの団体中止の要望書」
date-13.pdf
1997.12.
24
国立がんセンター垣添氏より「倫理委員会
名簿」送付さ
れる。

1998.01.
22
読売新聞医療情報室 田中秀一氏と同
新聞科学部小
川祐二郎氏の取材を受ける。英文のプロト
コル参考文献
を送付してほしいと頼まれる。1月25日に送

1998.01.
07
国立がんセンター倫理委員会委員と臨床
試験実施病院
倫理委員会に「渡辺医師とのミーティングの
報告」を送付
し、説明同意文書の改訂は問題の解決に
はならないとし
て試験中止を要望する。  date-08.pdf

1997.01.
15

この臨床試験は患者のため
か?  厚生
省研究班「UFTとCMF無作為
化比較試
験」への疑問、イデアフォー通信
25号 
date-26.pdf
1998.02.
05

『ふぇみん』掲載 「気おつけて 
患者の
命 とお金をつかう臨床試験」
1998.02.
16

『読売新聞』掲載 「臨床試験
をめぐり医
学界が論争」
1998.02.
23

『読売新聞』掲載 「専門家も
疑問の声」
1998.02
『日経メディカル』2月号「問わ
れる5-FU
系経口抗がん剤の実力」
1998.03.
14
N・SAS-BC01について国立がんセンター渡
辺亨医師に
「説明同意書改訂版ご送付のお願い」送
付 あわせて、
@改訂版がプロトコル参考文献の内容を正
しく反映する
ものになっているか、A改訂版は全ての施設
で使用される
のか、Bすでに被験者となっている全員から,
再度ICをとる
ことを徹底できるのかを質問。あわせて、4月
の「イデアフォ
ー通信」に本臨床試験の実施施設を掲載
することを伝え
る。  

1998.04.
15

不必要な臨床試験に患者の身
体を使わ
いで!「UFTとCMF無作為化比
較試験」
の中止を求めて」 イデアフォー
通信26号
 date-27.pdf
1998.07.
15

「UFT CMF臨床試験の説明
同意文書
改訂版を送付してください」 イ
デアフォー
通信27号  date-28.pdf 
1998.11.
21
国立がんセンター渡辺亨医師へ「N・SAS-
BC01臨床試
験説明同意文書改訂版について』を送
付。 date-09.pdf

1998.11.
30

『読売新聞』掲載 「臨床試験
 患者の
利益どう確保?」
1999.03.
20
英国医学雑誌『ランセット』に『日本の臨床
試験に関する
患者の懸念』(「UFT/CMF」臨床試験に反
対する活動を
報告したレター)を投稿、掲載される。  

1999.03.
29

『読売新聞』掲載 「患者が主
張する時
代」
1999.04.
09

『朝日新聞』掲載 「患者が専
門誌に投
稿」 date-20.pdf
1999.04.
21

『週刊朝日』掲載 「抗がん剤
の臨床試
験で患者団体と医師が激論」 
date-21.pdf
1999.04.
21

『日刊薬業新聞』 「大規模臨
床試験
N・ SAS-BC01 市民団体がラ
ンセットに
『非 倫理性』投稿」
1999.04
『日経メディカル』 「イデアフォー
論文医
学 専門誌ランセットに掲載」
1999.06.
12

川端英孝氏・上野貴史氏の論
文「日本
における抗がん剤利用について
の論争』
が ランセットに掲載される
1999.07.
16

『朝日新聞』掲載、「医療の有
効性 患
者 医師と治療の評価も」
1999.11.
20
国立がんセンター渡辺亨医師へ、N・SAS-
BC01の症例
集積期間終了を機に「質問状」を送付。  
date-10.pdf


*イデアフォーでは、『朝日新聞』『週刊朝日』掲載記事について、株式会社朝日新聞社より掲載許可をもらって掲載しています。
 他の方が、これらの資料を無断で転載することは株式会社朝日新聞社より禁止されています。  
Copyright (C) 1998-2017 ideafour All Rights Reserved.