上部の目次から項目をお選びください。

講演会2008年


イデアフォー公開勉強会「DPC勉強会」渡辺幸子氏(グローバルヘルスコンサルティング社長)
2008年11月9日(日)
 ●急性期入院医療における診療報酬(医療費)の支払い方法の一つである「DPC(診療群別の報酬支払)」について、専門家にお話ししていただきます。なんだかよく分からないけれど、重要な情報であり、そこから得られるものを「治療情報・医療情報の公開」として患者・市民にわかりやすい病院・医師選択の目安を示すツールにしようという動きもあります。
DPCを理解し、ツール作りを目指す東大医療政策人材養成講座のメンバー(講師もその一員)と意見交換をしました。

イデアフォー第20周年記念会講演会「乳がん治療 昨日 今日 明日」講演 第1部「外科療法」上野貴史氏(板橋中央総合病院外科)講演 第2部「薬物療法」佐々木康綱氏(埼玉医科大学腫瘍内科教授)
2008年10月12日(日)
2008年10月12日(日)イデアフォー第20周年記念会講演会「乳がん治療 昨日 今日 明日」では・講演 第1部「外科療法」(板橋中央総合病院外科・上野貴史氏)講演 第2部「薬物療法」(埼玉医科大学腫瘍内科教授・佐々木康綱氏)を開催いたしました。これまでの乳がん治療の変遷と現在の治療、今後の展望について外科療法と薬物療法の両側面から講演いただきました。自らの手で情報を集め、選択し、治療法を求める患者が増えている現在だからこそ必要となる知恵、乳がん治療の全体像の捉え方や情報から何を選択していくか、多くのヒントを教えていただいた講演会でした。

第1部「外科療法」(上野貴史氏)の講演では、この20年大きく変わってきた乳がんの外科療法の変遷を腫瘍部分治療とリンパ節治療のそれぞれの観点から、現在討議されているメスを入れない治療にいたるまで、治療の背景にある概念とエビデンスを示しながら、中身の濃い講演をしてくださいました。

第2部「薬物療法」(佐々木康綱氏)では新薬の登場が相次ぐ乳がん治療薬について講演いただきました。進歩の著しい乳がん治療新薬やホルモン剤、治験の妥当性まで多方面にわたる講演に会場から活発な質問がありました。


イデアフォーセミナー「メイクアップ・セミナー」講師:山崎多賀子氏(美容関連フリーライター)
2008年6月15日(日)

2008年6月15日(日)イデアフォーセミナー「メイクアップ・セミナー」講師:山崎多賀子氏(美容関連フリーライター)を開催しました。乳がん治療中のメイクやヘアの悩み解決法をお話しいただき、実践実技指導をしていただきました。

講師にお迎えした山崎多賀子氏は『「キレイに治す乳がん」宣言!』の著者で、自身の乳がん治療中、美容関連フリーライターの知識を生かしたメイクやヘアの悩み解決法を編み出しました。

セミナーの実践部分では、参加者がそれぞれメイクなどをじっさいに体験し、抗がん剤で眉毛や睫が抜けたとき、生えてくるとき、元気そうに見えないとき、どうしたらいいかの方法を伝授していただきました。


Copyright (C) 1998-2017 ideafour All Rights Reserved.