上部の目次から項目をお選びください。

講演会2012年


「乳がんを考える勉強会」講師:植松稔氏(UASオンコロジーセンター長)
2012年6月2日(土)
2012年6月2日(土)『イデアフォー通信』に連載していた好評のシリーズ「乳がん治療を考える〜ミスリードされる乳がん患者とその薬物療法」をお書きいただいた植松稔氏を講師にお迎えし、勉強会を開催しまました。ガイドラインとは一線を画す植松氏の考え方への意見を求め続けてきましたが、なかなか文章にするのは難しいとの声も沢山あり、そこで、植松氏のお話を直接聞き、質問も意見交換も自由にできるスクール形式の会場で勉強会を行いました。

イデアフォー第24回総会講演会
第T部「最新の乳がん治療」 講師:上野貴史氏(板橋中央総合病院外科)
第U部「がん細胞に学ぶ〜がん化のメカニズムからがん哲学まで〜」講師:樋野興夫氏(順天堂大学医学部病理・腫瘍学教授)
2012年10月21日(日)
イデアフォー第24回総会講演会は第1部「最新の乳がん治療」(講師:上野貴史氏)第2部「がん細胞に学ぶ〜がん化のメカニズムからがん哲学まで〜」(講師:樋野興夫氏)の2部制で行いました。
今回の講演は、「がんとは何か」「がんとどう向き合っていくか」をテーマにしました。
第1部では、「乳がん治療についても取り上げてほしい」との声にお応えし、第T部では例年Q&Aで明快な回答をいただいている上野貴文先生に最新の乳がん治療について講演して頂きました。

第2部で講師にお迎えする樋野興夫先生は、病理学、発がん、がんの遺伝子学がご専門で、がん哲学を提唱し、がん哲学外来を開設し活動をされています。顕微鏡の下でがん細胞が繰り広げるドラマを見つめるとともに、がん化の過程を、分子・遺伝子レベルで研究されています。悪性腫瘍とはいえ、人の身体が作り出すもの。この厄介ながんを初心に戻って学び、知ることで理解を深め、自分にとって有効かつ納得できる治療を選び、がんを乗り越えていくためのヒントをたくさんいただきました。

講演内容いっぱいで時間的にぎりぎりでしたが、おなじみのQ&Aコーナーでは事前受付けしたイデアフォー会員の質問他、会場から活発な質問があがりました。


Copyright (C) 1998-2017 ideafour All Rights Reserved.