上部の目次から項目をお選びください。




イデアフォーのfacebookページ、twitterで活動の様子を紹介しています。
*下のバナーをクリック!
   

おしゃべりサロン

イデアフォーでは、フリートークの会「おしゃべりサロン」を開催しています。

おしゃべりサロンは

乳がん治療や生活に関する情報交換や共感の場。
乳がん患者の生の声が聴ける場です。

私どもイデアフォーは、会員の会費でのみ運営されている患者会です。
常に患者目線で医療全体や乳がん治療を考えています。

どこの医療機関、製薬メーカー、カツラ、帽子など、治療生活グッズ販売等からも自由であり、いつでも公平公正な患者の立場でものを言うことができます。

それこそがイデアフォーの存在意義だと考えています。

1989年のイデアフォー設立以来、多く方におしゃべりサロンをご利用いただいています。
治療に関する情報交換をするだけでなく、同じ患者同士だからこそ分かってもらえることを話せて、気持が楽になった、問題を整理できたというお声をたくさんいただいています。

先輩の乳がん経験者が進行役を務めています。参加者の自己紹介後はフリートークの時間です。



「おしゃべりサロン」 毎月第4土曜日14:00〜17:00 *12月は第3土曜日開催
「再発 おしゃべりサロン」 奇数月第4日曜日14:00〜17:00
「あざみ野おしゃべりサロン」随時予定を発表します。 次回は2017年5月14日

活動予定でサロン開催日をご確認ください。

「おしゃべりサロン」 14:00〜17:00 イデアフォー事務所
*乳がん患者本人及びそのご家族に限ります。初発の方が中心の会です。基本的に事前連絡や参加申し込みは必要はありません。
入室は午後1時50分〜午後3時までにお願いします。


「再発おしゃべりサロン」 14:00〜17:00 イデアフォー事務所
*こちらは乳がんの再発・転移の当事者と家族に限ります。申し込み制 

2017年5月28日開催「5月再発おしゃべりサロン」の申込みは下記のURL(受付中)
http://kokucheese.com/event/index/458089/

2017年7月23日開催「7月再発おしゃべりサロン」の申込みは下記のURL(準備中)
http://kokucheese.com/event/index/462615/

あてに (開催日の12時まで申込み連絡が可能です)お申込みください。
お申し込み時には、1.お名前 2.連絡先(TEL) 3.再発箇所 4.参加人数(当事者、家族) 5.受付返信用のメールアドレスなどをご記入ください。
ご質問のある方はにお時間に余裕をもってお申込みください。当日の入室は午後1時50分〜午後3時までにお願いします。

*「おしゃべりサロン」「再発おしゃべりサロン」参加費:一般500円、会員無料 


「あざみ野乳がんおしゃべりサロン」 お近くの方、どうぞお気軽にお出かけください。
 開催日、時間については活動予定をご覧ください。
 定員10名。予約制・先着順。
お問合せ申込み:電話:045(910)5700  主催 : 男女共同参画センター横浜北 〒225-0012横浜市青葉区あざみ野南1−17−3


「おしゃべりサロン」と「再発 おしゃべりサロン」開催場所はイデアフォー事務所です。毎月第4土曜日の「おしゃべりサロン」は乳がんの初回治療を受ける方が中心となります。また再発転移の方とそのご家族だけを限定のた「再発おしゃべりサロン」(奇数月第4日曜日・予約制)もあります。

「おしゃべりサロン」も「再発おしゃべりサロン」も、参加された皆様の乳がん治療に関するフリートークの会です。イデアフォーの世話人2名が出ております。乳がん体験の先輩として参加者の皆様に知っている情報を伝えたり、悩み相談をお聞きするという側面もありますが、参加者の方々が同じような仲間に出会い情報交換する場として活用していただければと思っています。参加者数は10名程度です。

*最近「おしゃべりサロン」参加者が増加しております。円滑にサロンを運営するため、開催時間途中のご入室は話の進行の妨げとなりますので、入室は遅くても午後3時までとさせていただきました。落ち着いた話し合いをするため、何卒、ご理解とご協力をお願いいたします。午後3時過ぎに到着された場合は参加をお断りすることがあります。あらかじめご了承ください。

取材目的(マスコミ、研究、ビジネスなどのインタビューやアンケート)や乳がん以外のご相談目的での参加はお断りしております。何卒、ご了承ください。

おしゃべりサロンはプライベートな話題が交わされる場です。参加される方は参加前に必ず「個人情報保護について」(おしゃべりサロン、再発おしゃべりサロン)をお読みください。

尚、イデアフォーでは患者の立場で理不尽だと感じたことについて積極的に声を上げることで、医療を患者にとってより良いものに変えていくことも、活動の一環だという認識の下にアドボカシー(建設的な提言)活動を行っています。
電話相談やおしゃべりサロンでお聞きした内容は、個人が特定できない形にしたり、データ集計などの形で、患者の声として発表することがございます。予めご了承ください。

Copyright (C) 1998-2017 ideafour All Rights Reserved.